キッチン収納のコツ

毎日使うキッチンについて、整理収納のコツをお伝えします。

コツを掴めば、家事の時短ができるようになりますよ♪

時短のできるキッチンで、自分時間を手に入れましょう!

 

1.良く使うモノを選ぶ

2.導線に沿って収納場所を決める

3.取り出しやすくする

この3つのコツを取り入れるだけで、あなたのキッチンは格段に使いやすくなります!

 

 

1『良く使うモノを選ぶ』

お鍋・フライパン・オタマ・菜箸・食器・カトラリーなどなど…キッチンにはたくさんのアイテムがありますよね。

そのアイテムを必要なモノと不必要なモノで分けます。

『いるかいらないか』ではなく、『使っているか・使っていないか』で分けていきましょう。

一つ一つのモノを手に取って、『使っているのか』をじっくりと考える事が大切です。

 

例えば何個もあるお鍋。

よく使うモノとめったに使わないモノがあると思います。

使用頻度で仕分けをしてください。

北海道の冬の必需品、土鍋なども一緒に仕分けして行きましょう。

 

1軍…ほぼ毎日使う

2軍…たまに使う

3軍…ほとんど使わないけれど取っておきたい

戦力外…壊れて使えない・もう使わない

 

4つに仕分けができたら、1軍と2軍を使いやすい場所に収納します!

3軍はキッチン以外の場所・取り出しにくい所に移動。

戦力外は手放しましょう!

キッチンの一軍を選び出す というのがポイントです。

4つに仕分けをしていく、と考えると進めやすいですよ!

 

2『導線に沿って収納場所を決める』

料理をする際、あなたはどんな動き方をしていますか?

ボールを取り出して、菜箸を出して、フライパンを出して…

そこで無駄な動きが無いか客観的に考えてみて下さい。

 

シンク下収納からボールを出して…。

ダイニングの近くまで行き、食器棚の引き出しから菜箸を出して…。

キッチンの端にある収納棚からフライパンを出して…。

 

ちょっと極端な例ですが、キッチンの中で行ったり来たりしている自分に気づく事があるのです!

『コレ、なんでココにあるの⁈』

『わざわざ取りに行っているかも!』

なんて思える収納場所に気づけたらラッキー♪

そんなときは自分の動き方に沿って、収納箇所を見直してみましょう♪

 

最短の距離と時間で動けるように、収納を考えてみる というのがポイントです。

 

 

3『取り出しやすくする』

収納には取り出しやすい場所があるのです。

ズバリ、それは手前!

よく使うモノほど手前に収納しましょう。

 

例えば引き出しを半分引けば、スタメンが取り出せるようになっていて、

もっと引き出すと、奥に3軍のアイテムが収納されているイメージです

 

導線を思い出して、自分の動きに沿った場所で、なおかつ手前は、取り出しやすく、しまいやすい場所。

あなたが1番取り出しやすい収納 を考えてみるのがポイントです。

 

 

この3つをマスターすれば、あなたのキッチンは格段に使いやすくなります!

 

料理を手早く作れるようになれは、ちょっとしたゆとりを楽しめる時間が出来るはず♪

収納を見直して、自分時間を手に入れましょう!

 

札幌・恵庭の整理収納のプロ、恵庭お片付け部のアドバイザーと一緒にキッチンを見直してみたい方は、こちらからお問い合わせ下さい。

札幌近郊で整理収納セミナーも開催しております。イベントのご案内はこちら